2017/03/01の覚書

プラグインは便利だけど挙動を分かっていないと厄介

これまた超当たり前のことを今更書いていますが、ここ数日これで苦しめられていました。なんでこういう出力になってしまうのか全く分からなかったのだけど、結論。プラグインの挙動をちゃんと理解して設定していないのがいけない。

Accelerated Mobile Pagesで致命的なエラーが大量発生

A要素のtarget属性で使ってはいけないものを使いまくっているとGoogleSearchConsoleで怒られ、その対象の数に呆然とする。一つの時期あたりに5-6個あって、それが1000記事以上あるのだもの。とても手動でどうこう出来る量ではない。

では、困ったときにRegex系プラグインでドカンと置換をかけたのだけれど、全然治らない。特定個所を抜き出して手で治しても治らない。なんだ、これは…。

調べた結果リンクを一括で同じような挙動にするプラグインがせっせと属性を書き直してくれていた。そのプラグインの設定を直せば即ValidなAMPの出来上がり。拍子抜けだけど、知らなければこれずっと無駄なことをし続けるか諦めるかの二択になっていた。

サイトのヘッダのTitleタグにWelcome!と記入される

何が嫌ってGoogleの検索結果で適宜覚書に必ずWelcome!と表示される。そりゃあ閲覧者を歓迎する気持ちはあるけれど、検索結果でいきなりWelcome!とかとんでもなく頭が悪い感じが出てて嫌。

これも一生懸命テーマのヘッダやらヘッダの出力をしている関数やらを探し回ったのだけど徒労だった。諸悪の根源はSEO用のプラグインが良かれと置換してくれていた。

その他

  • 結局記事を書く前にこういう部分で悩んで直してをやっているうちに時間が無くなってしまう。ちょうどネタが出来ていいじゃん!という捉え方も無くはないけど、疲れ果ててしまってそれどころでは無いというのが正直なところ。今から現象や対処法のスクリーンショットを撮るのも辛い。
  • 全然話が違うけどAndroidをターゲットにしたマルウェアがまた色々出てるっぽい。で、そいつの侵入経路だけど、一つは変な経路で怪しいアプリをインストールすることによるもの。もう一つはRootedにしてしまったが故に脆弱な環境に自ら貶めてしまったが故に狙い撃ちされるというもの。
  • そうやって考えるとやはりメインで使っている機体でRoot化するなどもっての外。そういうリスクをしょい込んで遊べる環境を持っていて何かあっても自分で尻を拭けるなら人柱もありだけど、そういう覚悟が無いなら迷惑なのでやっちゃダメだなあ。

Facebook comments: