2016/05/16の覚書

メタディスクリプションとかExcerptsとかの手入れを始めた

ここじゃなくて、Fragments側の手入れの話です。

メタディスクリプション

検索結果でタイトルの下あたりに抜粋の説明が表示されるのだけど、あそこに使われるのですね。何も指定していないと本文の冒頭あたりを表示する文字数(120文字くらい?)でバスッと切り取って表示するらしいです。

基本的なタイトルタグとメタディスクリプションの考え方
ページのタイトルを表すタイトルタグや説明文を表すメタディスクリプションは、内部SEOで最も基本かつ重要なポイントの一つです。SEOに有効なタイトルやメタディスクリ...
descriptionで33%の人をクリックさせる5つの記述ルール
descriptionは、ユーザーが検索時にクリックする指標となる重要な要素だ。最適なdescriptionを設定することで、サイトが獲得するCTRを何倍にもする記入方法を説明する。

そんなこと全然意識せずに書きたいようにダラダラ書いていましたから、短く切り出されると支離滅裂とまではいかなくとも中身を説明する用を足していないものになってしまいがちです。

本当に今更ですね。これから修正しても既に検索で拾われてしまっている分は簡単には修正してくれなさそうですが、地道に直していきます。最初が肝心なので記事を公開する際に忘れずに記述するようにしないと…。と言いつつ今日の記事で早速忘れちゃったんですけどね。

後、必ずしもメタディスクリプションをスニペットで使ってくれるわけじゃないらしいですね。実際SEO系でこれらを説明しているページが意外にスニペットが途中でぶった切られていました。

Excerpts

こっちは固定のトップページなんかで「続きを読む」なんかで使われるみたい。これも読む人に対してどう見せるかという話なんだけど、指定しないと適当な文字数のぶった切りになるのは一緒。

ただ、Wordpressの挙動がよく分からないんだけど、メタディスクリプション指定をしているとExcerptsで勝手に使われるっぽい。でも、これ別枠で指定出来るんでこれはこれで付けた方がいいんだろうね。理会に自信ないけど…。

WordPressの抜粋を表示させるthe_excerpt()の使い方やそのカスタマイズなど色々
WordPressのテンプレートタグにthe_excerpt()というのがあります。これを使用すればトップページに記事の抜粋を表示させることができます。the_content()でもmoreタグを...

検索のスニペット以外にも

このBlogでも使っているけどリンクカードなんかでも抜粋を使っていますよね。TwitterカードやFacebook、+なんかもそう。いずれもその場で見て内容が分かる分からないって意外と大きいんじゃないかなって。本当に今更ですけど…

Facebook comments: